最近、シュミテクトのCMや、歯ブラシ粉のCM、歯ブラシのCMなど、口腔ケアに対するCMが多くなってきたなと感じていました。

 

またコロナ禍で、口腔内の清潔さがウィルス感染予防効果をもたらすと確認されています。

 

戦後日本では、口腔内に対する意識が高くなり、歯周病、虫歯ともに減少傾向にあります。これからは健康促進を考えた予防歯科の時代が到来しています。

 

しかし、世界的に視野を広げると、まだまだ地域格差は計り知れないほど存在し、医療不足や健康知識不足が深刻になっています。

 

私たちてらしま歯科では、地域貢献できるように、常に最新の治療と知識を取り入れ、患者様へ提供できるようにしております。

 

そこで今回は、感染対策をしっかりしながら、歯槽膿漏を治療する勉強会に行ってきました。

 

豚ちゃんの口をお借りして実習です。

 

 

※これよりショッキングな画像があります苦手な人は注意してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚ちゃんの口腔内も虫歯と歯槽膿漏が存在しており、もちろん歯石も多くあります。私たちにとって、診療に近い形で、勉強することができ、豚ちゃんにはいつも感謝しています。

 

私たち歯科医師は、常に最新の知識と技量で患者様と向き合っていくことが大切だと考えています。

 

今年は、コロナ禍で歯科の勉強をやりにくかった年ではありましたが、この実習ができたことを本当に嬉しく思います。

 

来年こそはコロナウィルスを収束させるために、歯科医師としてできる限り患者様の口腔内環境を改善し、免疫力を向上させ、健康維持できるようにしていきたいと思っています。

 

藤阪てらしま歯科

寺嶋悟