コロナウィルスの影響もあり、遅れた新学期が始まりました。

学校医をしている津田南小学校でも、5月末に歯科検診が行われる予定でいたが、10月以降に延期になっている状態です。

そこで、年齢別によくある質問や、起りえるお口の中の状況、トラブルについて少しお話したいと思います。

今回は、乳児期〜幼稚園生、保育園生(6歳くらい)までで、まとめてみました!!

  • 1歳前後

だんだん乳児が生えてくる時期です!最初は、ガーゼで拭ったりして、歯磨きをする練習をしていきましょう!泣きわめきますが、根気強く習慣化することが大切です!

  • 3歳前後

ここまで成長すると、乳歯は全て生え揃っています!朝、晩しっかり歯磨きをしましょう。歯磨きをした後は、お茶か水以外は口にしないこと!

 指しゃぶり、爪を噛む、ベロを出す、顎を左右に動かすなどの癖(悪習癖)がある場合は、歯科医院に相談してみてください!顔や永久歯の歯並びに影響してくる可能性があります!

 乳歯の歯並びに関しては、多少のズレや、心配事もあるかと思いますが、6歳前後まで様子みましょう。

 

  • 4歳くらい(この年齢が大切!!)

ラムネ、アメ、チョコは危険です!!ジュース、牛乳も危険です!!虫歯ができてくる年齢ですので、お菓子、飲み物のあげ方にも工夫が必要です!歯科医院に相談してみてくださいネ!

また、指しゃぶりなどの癖がある場合、注意してやめさせる年齢です!

上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子供は、上のお子さんと同じ食べ物を食べるので、4歳くらいに虫歯ができることがあります。この年齢で虫歯になると、本格的な治療は、体動が大きいため、困難です。もし、虫歯かな?と感じたら、すぐに歯科医院へ相談してください!

歯磨きをする癖をつけることが重要です。ママとパパは、子供が嫌がっても、大泣きされても、嫌われても、あきらめず、根気よく頑張って毎日仕上げ磨きしてくださいね!

4歳までに仕上げ磨きの習慣、虫歯になりにくい食生活を実践することで、虫歯になるリスクが極端に減ります!!!

  • 4歳〜6歳くらい

 

お菓子などの間食が多いと、上図のように、奥歯に虫歯を作ります

ジュースなどの飲み物を頻繁に飲む子供は、上図のように、前歯に虫歯を作ります。

 

お菓子を食べる回数が多い場合、奥歯に虫歯ができます。また、ジュース、牛乳が多い場合は前歯に虫歯ができやすいですので、注意しましょう!